コラボ・スクールとは映像で見る

開校当初から最近の様子まで、 撮影いただいた映像をご覧いただけます。


「町を元通りにすることだけが、復興じゃない」

震災後4年半が経過した女川町・大槌町の現状と、生徒たちの様子をご覧頂けます。

時間:4分15秒
撮影時期:2015年9月


「学びたい子どもたちに学びの場を」

女川向学舎の設立当初の、先生や生徒の様子を簡単にご覧頂けます。

制作:チャリTV
時間:1分8秒
制作時期:2011年9月


「女川向学館のはじまりとこれから」

女川町にある女川向学館。先生はどんな想いで子どもたちに授業を行っているのか、子ども達はどんな想いで向学舎に通っているのか。より詳しくご覧頂けます。

制作・出典:いいね!JAPAN
時間:12分15秒
制作時期:2012年6月

> その他の動画も見る

「子ども達に“居場所”を〜“転職”して復興支援」

コラボ・スクールの職員は、全国各地から人材が集まっています。彼らがどんな想いで転職し、どんな想いで働いているのかをインタビューしていただきました。

番組名:TBSニュース23
時間:7分21秒
放映時期:2012年9月

> 番組サイトでご覧ください

被災した先生たちに、教える場を

開校当初から、女川向学館で教壇に立って子どもたちを教えているのは、被災した塾の先生たち。一人の先生へのインタビューと合わせて、開校当初の様子もご覧いただけます。

制作:チャリTV
時間:1分9秒
制作時期:2011年9月


「今週先生」

ボランティアできた先生を紹介する動画です。子どもたちに接してみての感想など答えています。

番組名:今週先生
時間:15分程
制作時期:2012年9月


「町の人を元気に“100人の笑顔”を」

「岩手県・大槌町で、震災の直後から町の写真を撮り続けている1人の高校生。」高校生マイプロジェクトで、町を元気にするため、100人の笑顔の写真を撮る生徒を取材いただきました。

番組名:TBSニュース23
時間:10分27秒
放映時期:2013年3月

> 番組サイトでご覧ください

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』
SONY DSC

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

thumb_IMG_1125_1024

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。