教育内容

小学生から高校生までが放課後に安心して学べる場所をつくり、 震災で遅れた学習をサポートしています。 震災前には体験できなかった、グローバルな交流や社会で活躍する大人との出会いも、 教育機会として提供。 子どもたちが、震災の「悲しみ」を「強さ」へと変え、 未来の復興を担うリーダーへと育つことを目指しています。


基礎学力を身につける

習熟度別の指導で、東日本大震災による学習の遅れを取り戻す

数学・英語・国語など、未来を「生き抜く」力の土台となる基礎学力を向上するため、習熟度別に学習指導をしています。講師が多人数に指導する一斉授業のほか、ボランティアの「学習サポーター」がついての個別指導など、生徒の学力に合わせてきめ細かい指導を行っています。カリキュラムは学校との連携を軸に設計して、町全体の子どもたちの学力アップを目指しています。


グローバルな視野で、未来を思い描く
- Think Globally -

Skype英会話で、東北に「世界と一番近い教室」を

東北に、世界を一番近い教室を。インターネットを通じてネイティブ講師と話す「Skype英会話」など、英会話学習に力を入れています。また、被災地を訪れる国内外の方々との交流や、上京して社会の第一線で活躍する大人たちとの対話など、子どもたちがグローバルな視野で、未来を思い描くためのキャリア学習を行っています。


町の復興のため、主体的に行動を始める
- Act Locally -

町の復興のため高校生が行動した、「高校生マイプロジェクト」

ふるさとの課題や魅力を学びながら、町を訪れた方々に伝える「ガイドプロジェクト」を行っています。「町の復興のために、できることをしたい!」という想いの芽生えた有志が、想いを行動に移すのをサポート。震災後の地域の課題を解決するための、プロジェクト型学習を行っています。


震災で傷ついた子どもたちの心をケア、「居場所」を確保

大きな災害の後には、精神的に傷ついた子やどもメンタル・ケアが必要な子どもが生まれてくることは知られています。被災地の教育現場でも、生徒の落ち着きがなくなったことや体調不良が続出したことがありました。震災後には、グラウンドや公園が十分に使えず、また道路や街灯の整備も遅れているため、学校が終わった後の「居場所」も不足しています。
コラボ・スクールでは、子どもたちが放課後に安心して集まれる場を提供。同世代との交流や年上の先輩との対話を通じて、震災で傷つきストレスを抱えた子どもたちの、「心のケア」の機能も担っています。

東日本大震災で傷ついた子どもたちの、居場所を確保

放課後に安心して集まれる居場所にも

少し年上のスタッフとの何気ない会話が、心のケアにも

スタッフと楽しそうに話す小学生

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』
SONY DSC

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

thumb_IMG_1125_1024

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。