コラボ・スクールとはストーリーで見る

コラボ・スクールに通う生徒や、 教壇に立つ先生のエピソードをご覧いただけます。


撮る。私とみんなのために

人付き合いが苦手で、中学時代は一時、 教室にも入れなかった岩手県大槌町の女子高生が、 東日本大震災後の故郷の撮影を続けている。 通じて様々な人出会ううちに積極的になり、 今は『伝えることを通じて復興の役に立ちたい』 と意気込んでいる。

> この生徒のストーリーを見る

10年後の自分へ

「今、この手紙を読んでいる君は何をしていますか。 どこにいますか。誰といますか。 10年後だから、私はもう25~26歳になっているでしょう。」

吉田さんが10年後の自分に向けて、15歳の自分が感じた事を率直に綴っています。

> この生徒のストーリーを見る

「女川町を復興させたい、そのために学びたい。」

高校3年生の阿部さん、2012年度の女川向学館、”最初の合格者”、慶應義塾大学 総合政策学部(SFC)への進学が決まった生徒さんです。「女川町を復興させたい、そのために学びたい。」震災の体験から、大学進学の夢を持った彼女に、これまでのこと、未来への思いを聞きました。 > 詳しく見る


「向学館では、勉強だけではなく“人生”を教えてもらいました」

「向学館では、勉強だけでなく、“人生”を教えてもらいました」そんな言葉とともに、高校に入ってからの目標を「約束」した、ある男子生徒の、1年間の足跡をご覧ください。

> 詳しく見る

被災地の子どもたちが希望を持って未来を思い描けるように

カタリバの今村久美です。
私は震災以降、宮城・岩手と東京を行ったり来たりしながら、生活をしていました。
昨年夏までは避難所で寝泊りしながら、今は岩手県大槌町のシェアハウスで皆と暮らしています。 > 詳しく見る


ガレキの中から、新しい学校をつくる

咋夏のこと、女川向学館の自習室で、
生徒たちの「おしゃべり」が止まらずに、
ざわざわとしてしまったことがありました。
生徒達は自分たちで自習質のレイアウトを考え利用のためのルールを考えました。 > 詳しく見る

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。