「東北に、世界と一番近い教室を」を掲げ、 インターネットを通じてネイティブ講師と話す「Skype英会話」など 英会話の習得に力を入れています。 グローバルに活躍する大人との出会いや、少し年上の先輩との対話を通じて、 キャリア学習に取り組んでいます。


英語を使って、世界と交流する
– Skype英会話 –

震災後には、海外からの支援など子どもたちが「世界」を身近に感じる機会も増えました。そこで、もっと「英語を身近に感じ、復興を担うグローバル人材に育ってほしい」という思いから、英会話の習得に重点を置いています。インターネットを通じたネイティブ講師との会話や、留学する生徒の英語プレゼンのサポートなど行いました。

自己紹介から、英会話をスタート

海外在住のネイティブ講師と会話


社会の第一線で活躍する、大人たちと出会う

向学館・臨学舎の中高生が東京を訪問。グローバル企業の社員など、社会の第一線で活躍する大人との交流を通じて考えるとともに、同世代との対話を通じて自分の未来に向き合う合宿型研修を行っています。

キズナ・ハイスクール

夏休みに、女川・大槌の高校生に首都圏の高校生も合流して、合宿研修を行いました。「復興の未来図」を描くヒントを探すツアーとして協力企業を訪問。そこで見つけたものを、成果発表会で各グループでプレゼンテーションしました。

やくそく旅行

春休みに、高校受験を終えて卒業する中学3年生が上京。支援してくださった方々に感謝を伝えるとともに、「震災復興のために、いま私たちができること」をテーマにそれぞれの決意を発表しました。


少し年上の先輩との対話で、将来を考える

少し年上の先輩との「ナナメの関係」による対話によって、生徒たちの心に火が灯ります。日常的に、職員やボランティア・スタッフと対話が起こりやすい場づくりをしているほか、キャリア学習プログラム「カタリ場」も取り入れています。

ガイダンスでも、対話のなかで目標設定

大槌臨学舎の卒業式で行った、カタリ場

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。