最新のお知らせ

被災地の教育現場の記事一覧

【被災地の教育現場 vol.5】 春休みのピアノ

先日、ポール・マッカートニーが来日し、ビートルズファンを大喜びさせた。72歳だという。 彼には借りがある。震災...

【被災地の教育現場 vol.4】 居場所Ⅱ

4年前、ガレキだらけの女川町にあって、高台(通称まるこ山)に建つ学校は別世界だった。 女川町は、4月下旬に始業...

【被災地の教育現場 vol.3】 居場所

避難所そばのコンクリートに寝そべって宿題をやっている子ども。 向学館初期のホームページで紹介されていた写真だ。...

【被災地の教育現場 vol.2】 スタートは熟議から

夕方、学校を終えた小学生が向学館にやってくる。 昇降口では、スタッフみんなで出迎えだ。 ハイタッチする子、 元...

【被災地の教育現場 vol.1】 新学期によせて

はじめまして。佐藤敏郎です。 今年度より、週2回ほど向学館に通うことになりました。 学校現場の視点、そして、保...

【被災地の教育現場 vol.0】 元教員のブログ連載スタート 「これから数年、被災地の子どもたちに必要なこと」

認定NPO法人カタリバ 女川向学館 ディレクターの鶴賀康久です。 日頃より、コラボ・スクールにご支援をいただい...

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。