最新のお知らせ

被災地の教育現場の記事一覧

【被災地の教育現場 vol.13】 新学期は中島みゆきから

震災後、災害対策会議や校長会が連日開かれ、町の方針が話し合われていた。 目的地が決められれば、そこに向かう道を...

【被災地の教育現場 vol.12】 カタリバがやって来たⅢ

23年度の学校は、すでに出来上がっていた年間行事計画の見直しを余儀なくされた。 できないことはもちろん、やる必...

【被災地の教育現場 vol.11】 カタリバがやって来たⅡ

学校はよく言えば安定しているが、逆になかなか変化できない。 20年ほど前から「開かれた学校づくり」が話題になっ...

【被災地の教育現場 vol.10】 カタリバがやって来たⅠ

先日、テレビを見ていたら、「復興は何パーセントくらい進んだと思いますか」という質問があって、地元の人が困惑しな...

【被災地の教育現場 vol.9】 2つの校歌

23年度は出島(いずしま)の女川第二中学校の生徒たちが、第一中学校の校舎で学校生活を送っていた。4月から一緒だ...

【被災地の教育現場 vol.8】 お昼ごはんの思い出

震災後しばらくの間、給食はパンと牛乳だけだった。 時々それに支援物資のゼリーやお菓子が一品つくことがあったが、...

【被災地の教育現場 vol.7】 おたがいさま

女川第一中学校(現在の女川中学校)は高台にあったので、津波の被害は免れたものの、地震で体育館と理科室、美術室、...

【被災地の教育現場 vol.6】 復興絵はがき

女川町には『復興絵はがき』というものがある。 二枚一組で、はがきになった絵は、女川一中(現女川中)生が描いたも...

【被災地の教育現場 vol.5】 春休みのピアノ

先日、ポール・マッカートニーが来日し、ビートルズファンを大喜びさせた。72歳だという。 彼には借りがある。震災...

【被災地の教育現場 vol.4】 居場所Ⅱ

4年前、ガレキだらけの女川町にあって、高台(通称まるこ山)に建つ学校は別世界だった。 女川町は、4月下旬に始業...