職員採用エントリーフォーム

エントリーいただく際には、 エントリーから内定までの流れをご覧になったうえで、ご応募ください。

※採用についてお問い合わせがある方は、saiyo@ml.katariba.netまで、メールにてご連絡ください。


書類選考

履歴書・職務経歴書をお送りください。フォーマットは問いません。
現スタッフからの紹介の際は、書類選考を免除します。
その理由は、スタッフの友人の場合、「カタリバとの親和性が高いケース」が多いからです。

1次面接・適性テスト

人事担当者との面接です。
カタリバという組織との親和性と基本的な業務スキルが選考ポイントとなります。
クレド「カタリバの約束」 と「仕事内容」について、事前の確認をお願いします。
適性テストは、教育者としての最低限の資質を確認するWebテストです。

2次面接

入社後、上長になりうるディレクタースタッフとの面接です。
応募者の方が「いままで何をしてきたのか」「カタリバで活躍できるか」の
2点について話をする時間がメインとなります。
応募者の皆様も、わからないことは積極的に質問していただき、
「実際の業務内容」をイメージする機会として活用ください。

3次面接

事業部長との面接です。
NPOカタリバは「生き抜く力を、子ども・若者へ」を理念に活動しています。
“あなた”の考える、“あなた”の生き抜く力を教えてください。

最終面接

代表理事・今村/事務局長・岡本との最終面接になります。
ここまできたら、採用用件は満たしいるという判断ですので、
細かいことは考えずに、“思いの丈”を正面からぶつけてください。
この面接後、採用の方には内定通知をお送りします。

応募者の方々との「対話」に重点をおいて面接させていただきます。応募プロセスが長いと感じられるかもしれませんが、被災地で働くことをきちんと吟味していただき、「こんなはずではなかった」ということが起きないよう、採用プロセスを設計しています。


エントリーフォーム

氏名 ※必須

ご連絡先(メールアドレス)
※必須
ご連絡先(TEL)※必須
ご住所 ※必須

郵便番号


都道府県

市区郡

町名・番地・マンション名・号室

メッセージ・ご質問
お申込のきっかけ

このフォームからご登録頂いた情報は、NPOカタリバの個人情報保護規定に基づいて取り扱われ、
カタリバ活動のお知らせのためにのみ利用させていただきます。
プライバシーポリシーはこちらをご覧ください。
余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』
SONY DSC

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

thumb_IMG_1125_1024

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。