ボランティア募集よくいただくご質問

こちらでは、教務ボランティアへの応募を検討している皆さんから、よくいただくご質問を掲載しております。


Q.教務ボランティアが教える生徒の学年は?
A.小学生〜高校生の学習指導を、本人の希望や特性に合わせて、担当してもらいます。

Q.教務ボランティアにはどんな人が応募していますか?
A.18歳〜30歳くらいの年齢の方が多いです。
  教員を志望している大学生や、青年海外協力隊で日本に帰国している人など、様々な方がいらっしゃいます。

Q.担当する業務や教科はどのように決まりますか?
A.面接でお話しいただく想いを重視し、スキル、適正などを総合的に見てお任せする業務を判断しています。

Q.何名のスタッフやボランティアの方が働いていますか。
A.女川向学館ではスタッフ12名、ボランティア2名の方が、
  大槌臨学舎ではスタッフ15名、ボランティア8名の方が働いています。

Q.町の様子など生活環境はどのような様子ですか?
A.インフラ復興にむけて工事が進んでおり、スクールの近くにはスーパーやコンビニ等があり、
  暮らしやすい環境が整いつつあります。

Q.シェアハウスから職場まではどのように通うのですか?
A.職員が車でシェアハウスまで迎えに行きます。
  また、ご自身の自転車で通われるボランティアスタッフもいます。

Q.パソコンは貸与されますか?
A.仕事で使うパソコンを貸与します。
  もちろん、ご自分のパソコンを持参することもできます。

Q.滞在中の生活費が不安です。
A.3ヶ月以上ボランティアいただく方には謝金として月に5万円をお渡ししております。
  また、職員用の車や自転車の貸し出しをしています。

あなたも、“これからの教育”を創り上げるメンバーに加わりませんか?

ボランティアに応募する
余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。