最新のお知らせ

【被災地の教育現場 vol.15】 さんまdeサンバ

2015.10.29


♪歌え踊れ今日は秋刀魚の祭り♪

女川では、今年も秋刀魚収獲祭が開催された。
今年の会場は震災前と同じ魚市場。町は、秋刀魚を焼く煙と、4万人以上の人で溢れた。

収獲祭のテーマソングは知る人ぞ知る「さんまdeサンバ」だ。
歌っているのは女川の町民バンド、オーナーセカンズ。水産会社の二代目が集まって結成したバンドで、「サンマの唄」「潮の詩」など女川を題材にしたオリジナル曲がある。

「サンマdeサンバ」が女川第一中学校(現女川中)の運動会のプログラムになったのは、平成17年、ちょうど私が赴任した年からだ。この曲に振り付けをしたKさんが学校に来て、全校生徒にレクチャーしてくれたのを覚えている。

れっきとした縦割りの得点種目。盛り上がって踊ったチームが勝ち。年々、家族や地域住民もみんな巻き込んでの運動会名物となり、それ以来、港祭りのパレード等、イベントの定番になった。もちろん、秋刀魚収獲祭のフィナーレは中学生を中心に大フィーバーだった。

この曲を作った方は、オーナーセカンズのメンバー佐藤充さん。充さんには、私も何かとお世話になり、会うと必ず明るく声をかけていただいた。

ご存じの方もいると思うが、充さんは、津波を前に動けないでいた中国人の研修生を高台に誘導し、20人全員を救った後、津波に飲まれてしまった。生徒に振り付けを教えてくれたKさんはご主人が犠牲になった。

23年の秋、秋刀魚収獲祭は、やや規模を縮小したものの、会場を高台の多目的運動場に移して開催された。
壊滅状態の町で祭りをするなんて…。中止にしても、文句は誰も言わなかったはずだ。でも、やった。こういうのを心意気と言うのかな。

プログラムが進み、いよいよフィナーレだ。
サンバのリズムに乗って、中学生が登場。そろいのTシャツとペットボトルのマラカスを手に元気に踊り出す。

IMG_2043_R

町民、そして町外からのボランティアの皆さんが、飛び跳ねながら輪に加わった。充さんの歌声が会場に響き渡る。

「さんまdeサンバ」は、まるでこの日のために作ったみたいな曲だと思った。充さん、みんな踊ってますよ、見えますか。

悲しみを乗り越えるとか、前に進むとか、言葉では言えるけど、それはどういうことなのか分からない。

でも、さんまdeサンバを踊る、笑顔が弾ける、悪くない、うん、最高だぜ女川。あ、Kさんも踊っている。

♪来年もまたこの場所で会いたいね、合言葉はサンマdeサンバ!

▼さんま収穫祭フィナーレの”さんまdeサンバ”です▼
https://www.youtube.com/embed/a7PVmY7CJSw/


≪つづく≫


==========================
このブログ「被災地の教育現場」シリーズは、
元 女川中学校教員である佐藤敏郎先生が、教育現場を見てきた先生として、
コラボ・スクール女川向学館のメンバーとして、被災地の教育現場の現状を
つづる連載です。
学校現場の視点、保護者の視点、地域の視点でコラボスクールの価値と
可能性についてつぶやきます。

▼シリーズの全投稿を見る
http://www.collabo-school.net/news/category/kyouikugenba/
==========================

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。