最新のお知らせ

2月23日、岩手日報に掲載されました

2013.2.24

2013年2月23日(土)、岩手日報に掲載されました。

大槌臨学舎に通う大槌高校1,2年生19名が、3月上旬にアメリカに短期留学します。
現地では領事館や高校でプレゼンテーションを行い、
「被災地の現状とこれから」について英語で発信してくる予定です。

大槌臨学舎では、Skype英会話クラスで英会話力を鍛えながら、
プレゼンテーション作りもサポートしてきました。

以前から交流のあるバンクオブアメリカ・メリルリンチの社員の皆様には
原稿の英訳・プレゼンテーションの仕方をご指導いただきました。

今回は、東京と大槌をインターネット電話でつなぎ、
社員の皆様からプレゼンテーション指導をいただいた様子をご紹介いただきました。

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。