最新のお知らせ

読売新聞に掲載~女川向学館 地域ぐるみで学習環境を整える~

2014.3.11

2014年3月10日、読売新聞の社説にて女川向学館の活動をご紹介頂きました。

被災地の教育として、心のケア、家庭学習時間の確保について触れている中で、女川向学館について下記の通りご紹介頂きました。

「手狭な仮設住宅の暮らしが長期化する中、家庭学習時間の確保がしづらいという傾向もある。
宮城県女川町では、NPO法人「カタリバ」が教育委員会と協力して、放課後の学習塾「女川向学館」を運営している。町の小中学生の約3割が通ってくる。

塾の中で子供たちがどのように学習しているかを、指導役の元塾講師らが学校の教師や保護者にも伝えている。地域ぐるみで学力向上を図る仕組みだ。
官民の連携で、こうした試みを継続し、学習環境を整えたい。」

20140310読売新聞

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。