最新のお知らせ

「コラボ奨学金」サポーターのご案内

2012.3.08

※応募生徒数を上回るお申し込みをいただいたため、
 現時点での申し込みを終了させていただきました
 お申し込みいただいた皆様、誠にありがとうございました。

2012年3月11日から4月末まで、生徒20名(限定)分の
「コラボ奨学金」サポーターを募集いたします。

奨学金の設立背景

2011年度、コラボ・スクールは皆さまからのご支援によって、
授業料を無料で、子どもたちに授業を届けることができました。

一方、復興が進むにつれて、無料でのサービス提供が
長期的には地域経済の発展を阻害する懸念もあります。

コラボ・スクールでは、将来的には一部は受益者(ご家庭)に
費用のご負担をいただく形への転換を模索してまいりました。

地域の方々、保護者の皆さまからも以下のお声をいただきました。

「被災したから人に甘えているわけにはいかない」
「子どもを預けるということに対して、親が責任をもつべきだ」

このようなご意見を受けて、女川向学館では2012年度から、
「有料化」(費用の一部をご家庭が負担)を開始いたします。

「コラボ奨学金」とは?

女川町には、さまざまな状況のご家庭があります。

「将来、人の役に立つために、今、勉強をがんばりたい。
でも、お金がかかるから、コラボ・スクールに通いたいなんて、家の人に言えない。

まだこの子の下に、弟も妹もいる。今の経済状態では出費を抑えたい。
でも、兄弟平等に夢を応援してあげたい。」

そんな、人一倍の夢と意欲はあっても、家庭の状況で入会を迷っている
子どもと保護者を対象に、「コラボ奨学金」を設立しました。
対象生徒には、授業料(中学生5000円、小学生(高学年)4000円、
小学生(低学年)3000円)の半額を奨学金で支援します。

<応募条件>

☑ 学ぶ意欲を、児童・生徒が強く持っていること
☑ コラボ・スクールに通う他の児童・生徒の模範となれるよう努力すること
☑ 震災によって、家庭環境、経済的環境が著しく変化していること
☑ コラボ・スクール卒業後、宮城県女川町・岩手県大槌町の復興のために、
  協力を惜しまないこと
☑ 保護者が率先して、コラボ・スクールに通う子どもを応援し、
  子どもの学びをサポートすること

奨学金サポーターのご案内

この奨学金の原資をご負担くださるサポーターの方を、
全国の皆さまから募集いたします。

○サポートする生徒の種類・金額
・中学生 3000円
・小学生(高学年) 2,500円
・小学生(低学年) 2,000円
※授業料の半額に、事務手数料として500円を加えた金額です。

○定員:20名(増員の可能性あり)

○お支払い方法:クレジットカード、口座振替、銀行振込からお選びください

奨学金サポーターの方には、コラボ・スクールの活動報告をするとともに、
奨学金を適用する生徒から、その成長を報告いたします。

奨学金の審査で最も重要視することは、他のご家庭に比べて、
子どもの「学び」への意欲と、保護者のみなさまの子どもをサポートする姿勢です。

そのうえで、震災によって、家庭環境や経済的環境が著しく変化したと
判断されたご家庭に対して、コラボ奨学金は適用されます。

「将来の夢のために勉強したい」

このように強く願う子どもたちに「学ぶ機会」を届けるために、
奨学金サポーターへのお申込をお願いいたします。

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。