最新のお知らせ

向学館、小中学校の夏の自主学習をサポート

2014.8.27

女川も、もうすぐ夏休みが終わろうとしています。

みなさん、どのような夏休みを過ごしましたか?

 

夏は花火、夏祭り、旅行などレクリエーションを思いっきり楽しめる季節です。

子どもたちは家族との旅行や、各地で行われたお祭り、花火大会に行くなど、

夏を楽しんだようです。

 

そんなふうに夏を満喫しながらも、学校で勉強にはげむ子どもたちの姿がありました。

教室には学校の先生のほかに、向学館の先生もいます。

IMG_1093 (800x600)
IMG_1088 (800x600)

これは、女川町で行っている学習支援「まなびや」。

小中学生を対象に、夏休みを利用して学力アップと

規則正しい生活習慣の定着を狙って行われている取り組みです。

夏休み中は、7月22日~25日、8月18日~21日に行われ、向学館の先生も出動しました!

今回は、小学校まなびやの様子をお届けします。

 

 

小学校では、午前中の2時間を使って、国語と算数を勉強しました。

子どもたちが自分でプリントやドリルを進めていき、わからなくて手が止まってしまった子、

答えを間違ってしまった子を、小学校と向学館の先生が手分けして教えていきます。

IMG_1056 (800x600)

IMG_1060 (800x600)

2人の先生に子どもたちの質問が殺到!

「わかりたい」「できるようになりたい」という子どもたちの強い思いに、

わたしたちもフルパワーで応えました。

IMG_1091 (800x600)

向学館の先生が「まなびや」に参加して、今年で3年目。

学校と向学館が持っている想いは同じです。

女川の子どもたちのためにできることを精一杯やっていきます。

 

 

以下、女川小学校 教頭 青山修司先生よりお言葉をいただきました。

 

「女川小の教員だけでは、個別指導ができないところ、

向学館のみなさんに応援いただき、大変助かりました。ありがとうございます。

これからも、小中学校、向学館で連携して、女川の子どもたちのためにがんばりましょう!」

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。