最新のお知らせ

前期入試、合格発表

2015.2.16

女川向学館の井上です。

2月10日
その日、職員室に入ってくる生徒は
少し照れくさそうに、一言

「先生、合格してました。」

今までの緊張が、一気に解けました。

普段以上の笑顔を見せる生徒。
1kodaigokaku(圧縮済)

嬉しくて、思わず涙を流す生徒。
2natsumigokaku(圧縮済)

彼らにとって受験勉強は、私たちが思っている以上に
大きな挑戦だったのかもしれません。

彼らの挑戦は、どこから始まったのでしょうか。

「夏休みを終えて、エンジンがかかった。」
3minnamajime(圧縮済)

「年が明けて、焦りはじめた。」
4kodaiganbaru(圧縮済)

「決意を固めて、覚悟を決めた。」
5itsukitati(圧縮済)

「親からの応援に、背中を押された。」
6natsuminaku(圧縮済)

前期入試で合格した彼らの喜びは、計り知れません。

それでも職員室に入って、誰一人大きな声をあげなかったのは、
まだ試験が残っている友達が、隣の部屋にいたからでしょう。

次は、合格した彼らが、友達を応援する番です。

皆さんの応援のおかげで、彼らはここまで来ることができました。
皆さんの応援は、彼らの未来に届いています。
7oenwasurenai(圧縮済)
本当に、ありがとうございます。

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。