最新のお知らせ

【高校生レポート】メッセージを刻む

2013.3.09

こんにちは、黒沢菜緒佳です。

3月6日、この日は木碑に刻むメッセージを木材に彫る作業を行いました。
彫る作業は大槌町にある墓石を彫る業者のつつみ石屋さんにお願いしました。
つつみ石屋さんも岩間さんと同じく優作さんの主旨に賛同してくださって
協力してくれました。

このように、たくさんの方々が私たちの思いを実現するために協力してくれました。
その方々への感謝の気持ちも込めて、木碑を建てたいと思います!

さてこの日は、私と郁実さんが作業の立ち会いに行きました。

メッセージは以前の話し合いで決まっていたものです。
「大きな地震が来たら戻らず高台へ」
このメッセージには、古学校地区の住民の方々の思いが込められています。

では、実際に彫っていただきます^^

木を削るために砂を活用しました。
この青い機械で砂を勢いよくぶつけることで木を削るのです。
凄いですね!

しかし、この方法でも、欠点が・・・。
つつみ石屋さんはいつも石を削っているので今回が初めてとなる木材削り。
「木が固く、節があるためとても削りにくい」
と言っていました。

私たちが立ち会っていた時間帯では出来上がらなかったため、
翌日も作業して頂きました。

そして、これが完成品です!

拡大したのがこちらです。

難しい作業でしたが綺麗に仕上げて頂きました。

さて、これからこの木碑に色付けをしていきます。
無事、当日に間に合うよう頑張りたいです!!

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。