最新のお知らせ

9月2日「大槌みらい新聞」に掲載されました。

2012.9.02

「海に入れる町に」大槌町の高校生が町長に復興計画をインタビュー

大槌臨学舎に通う高校生が、碇川豊町長に話を聞く
インタビューをおこないました。

大槌臨学舎ではガイドプロジェクトが進んでいますが、
「大槌を案内するガイドプロジェクトを行うなかで、
もっと大槌のことをよく理解していないといけない。
課題や疑問が見つかった。堅苦しいインタビューではなく、
これからの大槌のために私たちができることを話し合いたい」という趣旨で、
碇川豊町長をお招きました。
最初は緊張した面持ちでしたが、碇川豊町長の「いじめないでね」という一言で、
和やかに始まりました。

町長と生徒が、同じ目線で話し合い、両者の立場は違えど、
大槌を盛り上げるため、その想いは共通です。

インタビューの詳細は、大槌みらい新聞のWebをご覧ください。
http://otsuchinews.net/article/20120902/62
(*外部リンクに飛びます。)

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。