最新のお知らせ

河北新報に掲載~女川のつながり世界へ~

2014.5.09

2014年5月9日、河北新報に掲載されました。

OECD東北スクールに参加する女川向学館の卒業生の活動をご紹介いただいています。
OECD東北スクールとは国際的な視野を備えた、東日本大震災の復興の担い手を育てるプロジェクトです。

福島・宮城・岩手から約100人の中高生が協力しながら、2014年夏、パリで東北の魅力をアピールするイベントを企画・実行することをミッションとしています。

女川から何を世界に発信したいのか。
震災によって、目に見える風景が変わってしまった女川町。
考え続けた結果たどり着いたのは、「震災前から変わらない女川の人々の温かいつながり」でした。

世界に女川の温かいつながりを発信すべく、女川のオリジナルダンス「さんまDEサンバ」を、町の人々が踊る動画を撮影しています。

20140509_河北新報

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。