最新のお知らせ

子どもたちの可能性をひき出す授業を目指して

2014.4.30

2014年度、女川向学館の授業が始まって、約1カ月がたとうとしています。

今日は、小学生の授業の様子をご紹介します。
今年度の向学館は、小学2・3年生の合同クラス、それ以外の学年は学年別に授業を行っています。

1

 

小学2・3年生の合同クラスは楽しく、考える力を身につける授業を行っています。
楽しく大きな声で四字熟語を読む時間、静かに集中して計算する時間など、緩急をつけた授業です。

2

 

ちょっとお兄さん、お姉さんの小学4年生のクラスは、メリハリをつけた授業により、一人一人が勉強に向き合えるよう、働きかける授業。
3

 

小学5・6年生たちは、学校の授業をきちんと理解し、楽しく授業に向き合えるよう、学校授業の理解に大きく重点をおいています。

4

5

 

今、女川の子どもたちに何が必要なのか。
どんな学習機会をつくれば、子どもたちの可能性がひき出されるのか。

6

7

私たちスタッフは、日々そんな問いかけを続けながら、子どもたちと向きあっています。

今年度も、学校・保護者の方・地域、そして遠くから応援してくださる皆さまと共に考え、コラボ・スクールをつくって参ります!

 

 

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。