最新のお知らせ

朝日新聞に掲載 ~土曜放課後の教育 あり方考えるシンポ~

2014.12.26

2014年12月20日付けの朝日新聞夕刊に、大槌臨学舎の山田が参加したシンポジウムの様子が掲載されました。

本シンポジウムは国立教育政策研究所主催で、放課後や土曜の教育に取り組むNPOの先進事例を紹介し、各地域や学校、企業との連携の在り方を考えることが目的で開催されました。
記事の中では、地域内・地域外とのつながりを子どもたちに与える場を設けることが学力格差を縮める要因になるのではという山田の発表事例を紹介いただきました。

141220朝日新聞
※クリックすると大きく表示されます。

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。