最新のお知らせ

岩手日報に掲載〜宿題はかどる学習会〜

2015.8.20

2015年8月6日の岩手日報に大槌臨学舎で開講している、夏休みの学習の様子を掲載いただきました。

小学生向けの「夏休み学びの場」に通っている小学3年生の生徒さん2人が、感想を言ってくれています。
「難しいところを分かりやすく教えてくれる。宿題もあと少しで終わりそう。勉強が楽しい」

150806岩手日報_夏休み学びの場_v2

大槌臨学舎では、7月27日から8月7日までの10日間、午前中に小学生、午後に中学生向けの夏休みの特別プログラムを開講していました。

その様子をご紹介します!

朝9時。バスに乗ってやってきた小学生たちが元気よく登校!小学3年生から6年生まで、40名程の生徒たちが参加してくれました。普段、大槌臨学舎に通っていない生徒もいます。

IMG_0515

毎朝のスタートは100マス計算から。毎日、昨日の自分への挑戦!

IMG_0339

少しずつだけど、タイムが縮んでいる模様。

IMG_0350

宿題タイムでは、わからないところを先生に聞きながら、進めます。

IMG_0359

IMG_0340

勉強サプリの時間には、みんな集中して画面に向かいます。

IMG_9572

IMG_9682

2時間たっぷり勉強した後は、バスでお家へ。今日もおつかれさま!よくがんばりました!!

IMG_0385

お見送りをした後、すぐに中学生がやってきます。

中学生向けには、普段は開講していない社会や理科を映像授業で勉強するクラス、アプリを使って自分のペースで英単語を学習するクラス、とにかく宿題を集中的に進めるクラス等、合計6つの特別授業を開講しました。

IMG_0394

IMG_0399

こちらは英語や数学の知識を応用してゲームをクリアしていく”プログラミング”のクラス。これまで習った英語や数学の知識をフル稼働させて、慣れないパソコンに向かいました。

IMG_0405

スタッフにとっても初めての取り組みが多く、怒涛の10日間でした。中には、暑い中、毎日登校してくれた小学生、中学生もいました。1日に100人近く来た日も!

引き続き、子どもたちの日常的な学びをサポートしていきます。

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。