最新のお知らせ

教育新聞に掲載〜被災地の放課後学校が特別賞 ICT夢コンテスト〜

2016.3.15

2016年3月4日・5日に行われた日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)主催の「教育の情報化推進フォーラム」が「ICT日本どこでも生き生き授業」をテーマに
開催されました。その中で行われたICT夢コンテストの表彰式にて、コラボ・スクール大槌臨学舎の事例が特別賞を受賞しました。

表彰式ではスタッフの渡邉より、実際の事例を紹介しながら、ICT活用の可能性を発表。

「ICT学習ツールはコンテンツの数が多く質も高い。ただし、ツールを正しく活用できなければ意味がない。子どもたちの状況や学力に合わせてマッチングしていく教える側の能力が必要とされる。今後はICT学習モデルや授業者マニュアル、研修モデルを完成させ、全国の放課後施設で生かしていきたい」

詳細はこちらから

n2016030406ICT-300x240

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。