最新のお知らせ

【メディア掲載】朝日新聞に掲載 〜被災地の子 学び支える 熊本地震〜

2016.6.17

2016年6月17日付の朝日新聞に、カタリバが熊本県益城町で行う学習支援についてご紹介いただきました。

安心して勉強できる場所を失ってしまった子どもたちを「学習機会」と「居場所」の提供を通してサポートする活動について、詳しく伝えていただいています。

——————–

 (益城町立)木山中は校舎が一部損壊し、益城中央小の八つの教室などを借りて授業をしている。昼休みと放課後にはカタリバがスクールを開校する。先生を務めるのは20〜30代のカタリバ職員や大学生ボランティアだ。町立益城中でも図書室を借り、中学生の自習をサポートする。全国で中高生の学習支援活動をするカタリバは、5〜6月に両校でスクールを始めた。
 利用料は無料で、運営費は寄付で賄う。益城町の2校のスクールに通う生徒は約100人。
「心のケアにつながるような居場所づくりが大切」とカタリバの今村亮さん(33)は言う。

(記事より抜粋)
——————–

子どもたちが地震を理由に将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

▼熊本の子どもたちに、 安心して学べる機会と居場所を
熊本地震子ども応援募金

▼記事全文はこちらからご覧ください。
201606171028

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。