最新のお知らせ

広報・イベントなど短期ボランティア募集

2012.2.13

※短期ボランティアの募集は終了いたしました。
 被災地での教育ボランティアは、現在でも募集しています。

東日本大震災で特に被害の大きかった宮城県女川町と岩手県大槌町。
この2つの被災地は東日本大震災で町の8割がなくなり、町民の1割に及ぶ人たちが亡くなりました。
もちろん、そこで暮らす子どもたちは、学びたくても、勉強できる場所がなく、仮設住宅の中では、十分な学習環境を確保することができていません。

NPOカタリバでは、2011年7月に宮城県女川町で、被災地の子どものための放課後学校”コラボ・スクール”「女川向学館」を立ち上げました。
現在、女川向学館は被災地の子どもたちにとって、「なくてはならない」存在になっています。

12月には、コラボ・スクール第2校目「大槌臨学舎」を、新たに大槌町でも開校しました。
こちらも毎日多くの町の子どもたちが通う学校になりつつあります。
皆さんの熱い志のある応募をお待ちしております!

女川向学館

場所
宮城県牡鹿郡女川町

募集内容
1.マスコミ対応サポート
募集人数:1名
期間:3/7~3/14のうち6日間程度
内容:広報業務のサポート
こんな人にお願いしたい!:電話やメールの対応、写真撮影が得意な方
交通費:支給(上限1万円※領収書精算)

2.女川WEBレポート作成/Facebook更新
募集人数:1名
期間:2/20~3/14のうち2週間程度
内容:公式ウェブでのブログ更新
こんな人にお願いしたい!:ブログの更新、文章の作成に自信のある方
交通費:支給(上限1万円※領収書精算)

提供するサポート
・電動自転車無償貸与(台数に限りがあります)
・宿泊施設(1日500円(※朝食&夕食費・燃料費・宿泊費含む)
・自炊環境 (昼食は各自負担なので、外食か自炊をお願い致します)
・ネット環境(女川向学館職員室内・シェアハウス内)
※交通費が支給される方は、各自チケット予約をお願い致します。

大槌臨学舎

場所
岩手県上閉伊郡大槌町

募集内容
1.パソコンを使った打ち込み業務
募集人数:1名
期間:3/1~3/13のうち3日間程度
内容:エクセルを使った名簿の打ち込みなど
こんな人にお願いしたい!:丁寧に作業する人。パソコンの打ち込みが得意な方
交通費:自己負担

2.校舎設営に関するリサーチ業務
募集人数:2名
期間:2/20~3/14のうち2週間程度
内容:町内を足を使って回り、校舎の設営が可能な場所をリサーチします。
こんな人にお願いしたい!:調査、分析に自信のある学生さんや社会人の方
交通費:支給(上限1.8万円※領収書精算)

3.卒業式イベント
募集人数:3名
期間:2/20~3/14のうち2週間程度
内容:卒業式イベントのプロジェクト運営
こんな人にお願いしたい!:イベントの設計、運営が得意な人
交通費:支給(上限1.8万円※領収書精算)

4.卒業式映像制作
募集人数:1名
期間:3/7~3/14の1週間程度
内容:卒業生に向けてのスライドショーの作成
こんな人にお願いしたい!:音楽を使ったスライドショーの作成に自信のある方
交通費:支給(上限1.8万円※領収書精算)

5.大槌WEBレポート作成
募集人数:1名
期間:2/20~3/14のうち2週間程度
内容:公式ウェブでのブログ更新
こんな人にお願いしたい!:ブログの更新、文章の作成に自信のある方
交通費:支給(上限1.8万円※領収書精算)

女川向学館・大槌臨学舎

募集内容
1.卒業式記録担当
募集人数:1名
期間:3/10~3/14のうち3日間程度(女川と大槌を移動)
内容:卒業式当日、写真、映像を撮影
こんな人にお願いしたい!:写真、映像撮影が得意な方、プロで活動されている方
交通費:自己負担

女川向学館・大槌臨学舎では短期学習ボランティアを募集しています。
12月には、コラボ・スクール第2校目「大槌臨学舎」を、新たに大槌町でも開校しました。
こちらも毎日多くの町の子どもたちが通う学校になりつつあります。

今回、女川向学館と大槌臨学舎では2012年短期ボランティアスタッフを募集します。
原則1週間以上関わりたいと思っている方に、ぜひ来ていただききたいと思います。
※日程に関してはご相談に応じます。

皆さんの熱い志のある応募をお待ちしております!

勤務地
【女川向学館】
宮城県牡鹿郡女川町

【大槌臨学舎】
岩手県上閉伊郡大槌町

募集期間
2012年4月以降については募集を受け付けております。
※3月の募集は終了しました。

ボランティア期間
原則1週間以上(5日以上でも可)
※ご相談には応じます

活動内容
【女川向学館】
・向学館生徒に対する個別指導(中学3年生の英語・数学の指導がメインです)
・女川町在住で向学館に通う小・中・高生に対する学習支援
・運営サポート

【大槌臨学舎】
・大槌町在住の中学3年生に対する個別指導
・運営サポート

指導対象
【女川向学館】
女川町在住の女川向学館に通う小学生・中学生・高校生

【大槌臨学舎】
大槌臨学舎に通う中学3年生

提供するサポート
【女川向学館】
・電動自転車無償貸与(台数に限りがあります)
・宿泊施設(シェアハウス無償提供)
・ネット環境(女川向学館職員室内・シェアハウス内)
・交通費
 ※ボランティア期間が1週間以上の方には交通費(上限1万円)を支給します(領収書精算)。

【大槌臨学舎】
・宿泊施設(滞在費として1日500円いただきます)
・交通費
※ボランティア期間が1週間以上の方には、以下の往復交通費を支給します(領収書精算)。
池袋駅西口-大槌バイパス(ローソン前):高速バス」 18,000円
チケット予約は各自でお願い致します。
・ネット環境(大槌臨学舎内、シェアハウス内)

費用
・宿泊費
【女川向学館】
1週間1,000円(食費・滞在費含む)
【大槌臨学舎】
1日500円(食費・燃料費・宿泊費含む)
・食費  ボランティア各自負担(自炊できる環境はあります。)
・交通費 1週間以上滞在される方には、支給します。
(※上記、提供するサポート参照)

参加条件
「子どもが好き」
「被災地の子ども達の為に何かしたい」
「被災地での教育に興味がある」
「将来教員になろうと考えている方」
「塾講師や家庭教師の経験を活かしたい」

に1つでも当てはまる方。

学習指導経験のない方でも構いません、
謙虚に、成長したいという思いがあれば十分です。

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。