最新のお知らせ

コラボ・スクール卒業生 「やくそく旅行」

2012.3.01

※以下の寄付キャンペーンは既に募集を終了しています。
 震災復興への寄付は、現在でも受け付けております。

~震災から1年。「ありがとう」から始まる、15歳の旅立ち~

子どもたちが上京するために、ご寄付を募っています

2012年3月。
14歳で大震災を経験した生徒は、この春、無事に卒業を迎えます。

コラボ・スクールは、地域の方々だけでなく、
全国から集まったボランティアや、遠くからご寄付をいただいた皆様など、
たくさんの方に支えてもらい、子どもたちに学ぶ機会を届けることができました。

「これまで応援してくれた人たちに、感謝の気持ちを伝えたい。」

そんな子どもたちの想いから、コラボ・スクールの卒業生の一部が、
支援者の皆様にお礼に伺うをため、3月中旬に上京します。

概要

・期間:3月18日(日)~22日(木)
・参加者:コラボ・スクール 卒業生 計20名(予定)
    (女川向学館・大槌臨学舎 各10名ずつ予定)
     ※引率として現地スタッフも同行予定
・プログラム:一般支援者向け報告会、支援企業の訪問、準備・振り返りワークショップなど

子どもたちが上京するためには、約140万円の費用がかかります。
そのための交通費や宿泊費などへのご寄付を募集しております。

ご支援のお願い

・使途:宿泊費(約28万円)、交通費(約69万円)、食費・その他(43万円)
・目標金額:140万円  
・期限:3月19日まで
・お支払い:クレジットカード、銀行振込

 
今、中学3年生は、高校受験も間近。

「避難所で励ましてくれたあの人のように、優しい看護士さんになりたい」
「福祉の仕事でお年寄りの方々のために働きたい」
「毎日涙が止まれらなかったとき、必死で助けてくれた人達のように、
 私も強い大人になりたい。」

震災という“試練”を学習機会に変えて、
将来の夢に向かい、たくましく歩みを始めた生徒たちがいます。

そんな生徒たちが、自分たちの環境のありがたさを改めて感じて、
「ありがとう」の気持ちを言葉にして伝える

そして、支援してくださる方たちに将来のがんばりを“約束”する
日常から離れた東京で、将来のため貴重な体験を持ち帰り、
未来の夢をかたち創るための一歩としてほしい。

このような目的のもと、この「やくそく旅行」を実施します

「やくそく旅行」の目的

1.コラボ・スクール(女川向学館・大槌臨学舎)の生徒代表が東京を訪れ、
  支援をして下さった企業及び個人と直接出会いお礼の気持ちを伝えることにより、
  支援をする側と支援を受ける側の距離を縮める。
2.生徒が日常から離れたところに身を置くことにより、震災からこれまでの自分を振り
  返り、高校入学後のこれからを考える機会にする。
3.普段訪れることの出来ない企業などを生徒たちが回ることにより、生徒の将来設計の
  ための視野を広げる機会を提供する。

ご寄付をいただいた方には

3月20日には、東京で活動報告会を開催を予定しています。
上京した生徒たちも参加します。
ご寄付いただいた方には、ご参加いただけます。(先着順)

「震災というつらく悲しい体験をした子どもたちは、
 誰よりも強く、やさしくなれるはず」

このような思いからスタートしたコラボ・スクールは、
10年後の日本にイノベーションを起こす人材を輩出することを目指しています。

子どもたちの夢を応援するために、今まで遠くから見守ってくださっていた
皆様もぜひご支援をお願いいたします。

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。