最新のお知らせ

7分間トーク『化学の話』

2012.5.17

女川向学館には
子どもたちの勉強を応援するために
世界各地から学習サポーターが
来てくれます。

毎週水曜日は、授業のあたまの7分間を使って
サポーターが自己紹介をします。

今週の学習サポーター「さえちゃん」は、
神奈川県出身の化学者です。

研究テーマは「砂漠をなくすには、どうする?」。

「砂漠に水をまいても、すぐにしみ込んでしまいます。
保水力の高いものを利用すれば、植物が育つかもしれません。
では、その保水力の高いものとは、何だと思いますか?」

「答えは、納豆です」

「納豆!?」

「砂漠化を防ぎたい」という大きなテーマも、
解決のヒントは納豆のような身近なところにあるという
化学の魅力に、生徒たちは驚いたようです。

中学3年生はちょうど化学変化を勉強しています。
普段の勉強が、少し面白く感じてもらえたかな?

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。