最新のお知らせ

仮開校ガイダンスを開催しました。 / Three Days Orientation

2012.5.15

English text is written in the bottom of the page.

5月8日から3日間、仮開校ガイダンスを開催しました。

6月21日の本開校までの約1ヵ月間は
自習室を開放して、英語・数学の自習サポートを行います。
本開校後は習熟度別にクラスを分けて
学習サポートを行います。

「しっかりがんばりましょう」と話す今村校長。
生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

 

そして、生徒の現在の学習理解度を確かめる簡単なテストを行いました。

その結果をもとに、生徒ひとりひとりに
スタッフが面談を行い、目標を定め、
学習方法を一緒に考えました。

「自分で目標を定め、それをどう解決するか戦略を立てる」ことは
学校を卒業して仕事をするときにも、必要とされる力です。
大槌臨学舎での勉強を通して、
生徒たちに課題を解決する力をつけてもらい
東北にイノベーションを起こすことができる人材となるように
育てていきます。

新年度も大槌臨学舎のご支援を
よろしくお願いいたします。

下記は英語による説明です。

From May 8th, for three days, we held orientation for the self-studying program that goes from May 11th to June 20th. Until the grand opening of the Collaborative School on June 21st, we will provide the students the space to self study, materials to support their learning, and tutoring for mathematics and English. After the opening, the students will be grouped into 3 different classes according to their academic levels.

Picture 1.
The principle of the Collaborative School, Ms. Kumi Imamura, is explaining why reviewing last year’s contents is important.

Picture 2.
During the orientation, we asked the students to take brief examinations to check their current academic levels

Picture 3.
Staff members and all students individually talked about how the students can study effectively until June 15th and set their attainable goals for the period based on the results of the examinations.

“Setting a goal and making a strategy to achieve it” are necessary skills when the students graduate from school and start working. We would like our students to acquire the skills and become a leader to make a difference in Tohoku region.

We look forward to your continued support for the Otsuchi-Ringakusya (the Collaborative School) in this year, too.

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。