最新のお知らせ

「英語化プロジェクト」が始動しました

2013.1.15

中学生のとき、英語が苦手だった、という人は
多いのではないのでしょうか。
女川向学館でも英語に苦手意識を持った生徒が多くいます。

そこで、もっと英語を身近に感じて
苦手意識をなくしてほしい、との思いから
「英語化プロジェクト」が始まりました。

身の回りのものを英語表記にすることで
自然と英語に親しむことができます。

まずはみんなが出入りする昇降口から。

下駄箱の学年表記を英語にし、
小学生=elementary school student
中学生=junior high school student
と表示しました。

次は何でしょう?

休憩スペースの掲示物です。

みんながおしゃべりをしたり、食事をする休憩スペースにも
いたるところに英単語が。

自動販売機には
「Do you want something to drink?」
という問いかけがあります。

おにぎりを買うときには
「How many rice balls do you want?」
「Two!」
と英語で会話をします。

休憩スペースで目に入った英単語を発音する生徒の姿も。
さっそく英語化した効果が出てきたようです。

子どもたちが楽しく勉強できるように
これからも工夫していきます。

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。