最新のお知らせ

【高校生レポート】決起集会

2013.1.18

こんにちは!2013年初のレポートです。今年もよろしくお願いします。
今回は1月16日の決起集会についてです。

上町ふれあいセンターの隣の小鎚神社で、高校受験に向けた決起集会があり
中学3年、約60人が集まりました。
受験日は3月7日。あと50日に迫りました。

決起集会は、自分の人生のなかで受験のもつ意味について、
生徒が一人ひとり考えるために行われました。

「受験はゴールではない。ゴールの先にまた高校生活が始まる。」
先生と生徒達がグループに分かれ10年後どんな大人になりたいか、
夢、目標について話し合いながら渡されたワークシートに書いていました。


ワークシートの左側は目標に向かい、どんな大人になりたいか、
高校では何をしたいか、受験を通してどんな力を身につけたいか。
そして右側は今の自分と向き合い、どこをやれば点数が上がるのか、
残りの時間をどう使うか。

「コラボ・スクールで勉強していい大人になる」
「目標に向かって進むためにまずは受験を頑張る」「志望校にに受かる!」
など生徒たちは目標を書いていました。

その後、『約束カード』に決意表明。
「絶対合格するために、自習室に毎日行く」
「自信をつけるために自分に妥協しない!!とにかく、点数をあげるよう努力する」
「生活態度をを見直し1日3時間以上の勉強をして、50日後の受験に向け
たくさん努力する」などとそれぞれ書き、受験に向け気持ちを新たにしました。


最後に60人全員で円陣を組み、気合を入れました。

50日をスタートに受験へのカウントダウンが始まりました!

また、次の日からは決起集会で目標ができたからなのか
自習室に来る生徒も増えています!!

目標、夢に向かって
頑張れ、受験生!!!!(`・ω・´)//☆彡

☆今までの記事はこちら…
【高校生レポート】はじめまして!
【高校生レポート】中学生授業 ~英語~
【高校生レポート】高校生MY PROJECT~ごみ拾い編~
【高校生レポート】~老人介護施設「らふたぁヒルズ」編~
【高校生レポート】移動販売
【高校生レポート】施設~上町ふれあいセンター~
【高校生レポート】プレハブ寄付ありがとうございました

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。