最新のお知らせ

女川中、初の運動会! 町をあげて復興を祈る

2013.9.27

9月14日、女川中学校第1回大運動会が開催されました。
女川第一・第二中学が一つになり、女川中学校としては、初の運動会。

今年のテーマは、「豪 My way ~俺等の旋風吹き荒らせ~」。
この日のために一生懸命練習してきた子どもたちの姿を見るために、
向学館からもスタッフ総動員で、応援に向かいました。

女川中学校の運動会は、赤と青の2色に分かれて勝敗を競います。
チームの勝利のために、自分が精一杯がんばるのはもちろんのこと、
同じチームの仲間の応援にも力を抜きません。

学年ごとのリレーや借り物競争などの定番競技に加えて、
女川ならではの、‟魚箱リレー”や‟大漁旗リレー”などの競技もあります。

借り物競争では、私たち向学館スタッフが借り物になる場面もありました。
「向学館の先生!」という思いがけないアナウンスに、少しあたふたしてしまいました。

そして、女川といえば、やっぱりこの曲!
「さんまDEサンバ!」
女川町のさんま水揚げ量は国内有数を誇っており、町をあげて踊ります。
生徒たち・地域の方々と一緒になって、向学館スタッフも踊りました。

この日は、ふだんの向学館での姿とは、少し違う生徒たちを見ました。
仲間を一生懸命応援する姿、真剣に競技に取り組む姿がありました。

子どもたちの熱い想いと元気な姿が、これからの女川の未来につながっていく。
そんな未来をつくるお手伝いができるように、私たち向学館は、
中学校をはじめ、町のみなさんと連携し、女川の教育を考えていきたいと思います。

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。