最新のお知らせ

「中学生Skype英会話プログラム」が始まりました!

2013.10.10

10月7日(月)、ついに中学生向け英会話プログラムが始まりました!
先生は、モニター画面の向こう側にいるフィリピンの英語講師たちです。

「新しい価値観や見知らぬ世界の存在に気づく」
「英語で自分を語れるようになる」
「英文法・語彙力を音から身につける」
この3つの目標を掲げ、自主的に参加した中学3年生13名が受講者です。

IMG_4435

 

IMG_4438

 

初日の今日は、先生から
「Please introduce yourself(自己紹介してください)」のリクエスト。
生徒たちは用意してきた英語自己紹介を思いだし、一生懸命に応えます。
時には「How old are you?(あなたは何歳?)」の質問に、
「Secret(秘密)」と冗談を交わす生徒も。

初めての英会話ですが、たじろぐことなく、
生徒たちはとても楽しんでいる様子でした。

第一回目のこの日、サポーターの方たちと交流する機会もありました!
生徒たちが使うパソコンやイヤホン、LANケーブルなどを寄付いただきました。

IMG_4392

 

IMG_4410

今回のご寄付は、印刷関連会社の有志で構成される「Print Next Troops」の方々が
“Act for Japan”と印字されたシールをチャリティ活動として売り、
その売上を寄付してくださったのです。<活動内容はこちら

生徒たちは、たくさんのまだ見ぬ人たちの思いを改めて知り、
真剣にお話を伺いました。

「英会話プログラムというなかなかできない体験ができて、嬉しいです。
これから、英語力をつけ、新しい価値観を得られるように頑張っていきます。」
(中3男子生徒)

“Act for Japan”
誰かのために行動できる、そんな生徒がここから育っていくことを
女川向学館は願っています。

IMG_4418

これから12月末まで続く、英会話プログラム。
生徒たちの成長を定期的にレポートしていきます。

協賛:Print Next Troops
Facebookページはこちら

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。