最新のお知らせ

生徒が自習室をリニューアル?! みんなでつくる向学館

2013.10.31

女川向学館の自習室が、生徒によってリニューアルされる日が近づいてきました。
昨年度から始まった自習室委員会が、今年度の活動を本格的に始動しました。
(昨年度のリニューアルの様子はこちら→生徒が自習室を変えました!

リニューアルを中心になって進めているのは、「自習室委員会」に所属する中学1~3年生の生徒たち。

IMG_2078
「集中して勉強できるスペースと、しゃべってもいいスペースが分かれているといい」
「仕切りがあるほうが、今よりもっと自分の勉強に集中できると思う」
「こんなふうに自習室を変えたほうが、もっと集中して勉強できる!」

IMG_4141
IMG_4147
委員会からの提案が、向学館スタッフに承認されれば、リニューアルが実現します。
リニューアル実現のために、委員会の生徒たちは、以下のスケジュールで動いており、大忙し。

10/22~10/29 委員会の案を試す試行期間

10/29~11/11 委員会で案を練り直し、向学館スタッフへの提案作成

11/11             向学館スタッフへ提案
その後、承認されれば、リニューアル実現!

10/30現在では、試行期間を終えて、案を練り直している段階です。

IMG_4137
最初は”自主的に考えている”とは言えない様子でしたが、
今では、自習室委員会を引っ張る生徒も出てきました。

「家は仮設住宅で、自分には小さい弟もいるので、なかなか集中して勉強できない。
少しずつ受験も近づいてきていて、集中して勉強しないとまずいなと思う。
もっと集中して勉強するために、自分たちがうかう場所だからこそ、ちゃんと考えていきたい。」
このように話をする生徒も生まれてきました。

こちらは、試行期間中の自習室。

IMG_2091
元の自習室(下の写真)と比べると、大きく変化しています。

自習室
最終的に、どんな自習室が実現するのでしょうか。

向学館は、生徒たちをはじめとして、多くのみなさんと一緒に作り上げていく学校です。
生徒たち自身が、対話の中で、学習環境を改善していく必要があります。

みんなでよりよい向学館を作っていきましょう!

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。