最新のお知らせ

目指せ! 漢字計算王!!

2014.5.30

今週、向学館の小学生の授業で、あるイベントが開催されました。
その名も、「漢字計算選手権」!

1

「漢字計算選手権」は、向学館に通っている小学生全員がチャレンジするテスト。
テスト問題は、事前に配布されたプリントから出題されます。

といている姿

3

向学館の子どもたちの約4割が、まだ仮設住宅で暮らしています。
狭く自分の部屋を持てないような仮設住宅での生活は、決して勉強するのに適しているとはいえません。

しかし、子どもたちが中学生、高校生、そして大人になった時、必ず「自ら学ぶ力」が求められます。

向学館の自習室で勉強する、茶の間で10分だけでもテキストを見る、そんな習慣をつけていってもらいたい。

そして、勉強を頑張った先に得られる達成感も味わってほしい、そんな思いで担任が「漢字計算選手権」を考えました。

といている姿2

低中学年の教室では、なかなかテストに集中できない子どもも見られましたが、高学年のクラスは高い集中力で問題に取り組む姿が見られました。

「あと3分で終了です。」
担任のアナウンスの後も、最後の最後までねばり続ける姿、余念なく見直しを行う姿。

最後まで

余念なく

「漢字計算選手権」の後、子どもたちは少しお疲れの様子でした。

お疲れ

来週の授業では、表彰式を行います。
そこでは、とびきりの笑顔や悔しい顔が見られるはず。

「漢字計算選手権」は今年あと4回やる予定です。
次も、今回の自分を越えられるように頑張ろうね!

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。