最新のお知らせ

たくさん学んで、たくさん遊ぶ。14才の夏休み

2014.8.06

女川も梅雨明け。
東京ほどではありませんが、いよいよ暑くなってきました。

今回は、中学2年生の夏休みの授業風景をご紹介します。

中学生の夏休みは、何かと大忙し。
学校での駅伝練習、部活動、プールなどを終えて、夕方、バスで向学館へやって来ます。

ブログ1

ブログ2

授業が始まるまでのひと時は、友達や先生と話す時間。

ちょっと一息つく、そんな時間です。

ブログ3

ブログ④

みんな疲れているけど、授業は眠い目をこすって、頑張ります。

このクラスでは、英単語テストを実施しました。
無事、合格点に達成できたかな?

ブログ5

震災から3年経った今も、学校・そして向学館には、バスを使って登下校しています。

学校帰りに友達としゃべりながら、歩いて帰る通学路はまだありません。

ブログ6

部活をもっとやりたい、そんな気持ちもありますが、バスの出発時刻にあわせて帰らなくてはいけません。

そんな限られた環境の中でも、14歳の夏は一度っきり。

「暑さにたえて、部活をがんばる」
「部活で部長を目指す」
「向学館で頑張って勉強して、先生といい思い出をつくりたい」
「悔いの残らないよう、充実した毎日にする」
これは、中学2年生が書いた夏休みの抱負です。

ブログ7

IMG_0079

たくさん学んで、たくさん遊んで、夏が終わる頃には、ちょっと成長している。
そんな夏休みにしようね。

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。