最新のお知らせ

【ハワイ交流プログラム】続く交流と英語へのモチベーション

2016.7.07

先日、昨年に引き続きハワイより、Bridge Club Hawaiiに所属する中高生が「トモダチアロハリーダーシッププログラム」の一環として、向学館の子どもたちに会いに来てくれました。

参加メンバーの中には一年ぶりの再会となる子どもたちもいて、お互いにとても嬉しそうにしていました。

▼再会を喜ぶ様子
IMG_6147

今回参加したのは、英会話の授業を受講している生徒たち。普段の授業はオンライン上で行っています。

しかし、オンライン授業だけではどうしてもモチベーションの持続が難しいのか、「英語を話せるようになって何がしたいのか」という動機自体が見えにくかったり、対面で話す機会が少ないためにそもそもイメージが湧かない・・・という子もいます。
だからこそ、こうやって対面で直接英語を話せることは生徒たちにとって貴重な機会となります。

生徒たちはこの日に向けて授業の日はもちろん、授業以外の日も集まって準備を進めてきました。

▼準備をしている様子
IMG_6129
IMG_6135
IMG_6145

そして迎えた当日は、ジェスチャーゲームや方言クイズ、オリジナルコントを行いました。

▼今回司会を努めたのは中学3年生の女子2人
IMG_6152
▼ジェスチャーゲーム
IMG_6187
▼方言クイズ 「こわい」とは女川の方言でどういう意味!?
IMG_6217
▼中学2年生による英語コント!
IMG_5914
▼交流の様子
IMG_6174
IMG_6166
IMG_6254

ハワイプログラム終了後にとったアンケートでは、
「今回は上手く伝えられなかったけど、次に会うときまでにはもっと話せるようになっていたい!」
「実際に外国人を目の前にして英語を話すとテンパることが分かった」という感想が出てきました。

対面で話したからこそ気づくことがあったり、継続的な交流の中でもっと話せるようになりたいという、英語を学ぶことに対するモチベーションが生まれたり・・。
これこそが、「子どもたち自身から生まれる学びへの意欲」なのではないかと気づかされた1日となりました。

さて、来年ハワイのメンバーに会うときまでに、子どもたちは英語力を向上させることができるのでしょうか!?
この経験を生かして、普段の英会話の授業も頑張っていきたいと思います。

▼ALOHA!のポーズで記念写真
IMG_6246

Bridge Club Hawaiiのみなさん、ありがとうございました!
Mahalo!
(ハワイの言葉で「ありがとう」)

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。