最新のお知らせ

【被災地・女川町より】高校受験に向けて決起集会

2018.1.16

1月に入り、寒さも本番!今日は高校受験に向けて行われた決起集会の様子をお送りします。

 

1月のある日、中学3年生の子どもたちがコラボ・スクール女川向学館に集合しました。

今日は毎年実施している、高校受験に向けた決起集会の日です。

今年の決起集会のテーマは「今の自分に贈りたい言葉を見つけよう」

受験のことを考えると、夜も眠れなくなる日も、今までやってきた自分を信じられなくなる日もあります。

そんな時、受験に立ち向かえるように。

逃げないように。

今の自分に贈りたい言葉を探してもらおうとスタッフみんなで考えました。

 

24人の中学3年生のために、スタッフが選んだ言葉は全部で150個。

本や漫画、歌詞から今の子どもたちが自分に贈りたいと思うような言葉を集めました。

教室中に置かれた言葉を真剣に読む子どもたち。

この中から今の自分に贈りたい言葉を見つけていきます。

これだ!という言葉をみつけた後は、スタッフと一緒に語り合います。

 

「受験のことを考えると焦るけれど、やっぱりゲームをしてしまう」

「このままがんばって合格出来るのか不安」

「いつも逃げてしまっていたけど、あと少しだからがんばりたい」

 

選んだ言葉とともに今の想いがあふれだします。

一人ひとり、選んだ言葉は違います。

今の想いもまた違います。

ただ一つ共通しているのは、全員がこれから挑む受験を乗り越えなければならないということ。

選んだ言葉とともに、ずっと一緒に過ごした仲間に今自分が約束出来ること。

自分自身に約束出来ることを発表しました。

「つらい道を避けないこと 自分の目指す場所にたどり着くためには進まなければ」

 

「人生は楽ではない そこが面白い」

 

「勝つと思うな 負けないと思え」

 

「昨日よりも不安な明日が増えても、悩んだり泣いたりする今日も、進め君らしく心躍る方」

 

「君は勝ちにいく」

「自分の限界を自分で決めてしまったら その先はない」

 

「恐れず迷わず 同じ今日という日は二度とないんだから 明日よりも今日はじめよう」

 

子どもたちが選んだ言葉はきっと子どもたちの背中を押してくれるはずです。

決起集会の最後にはみんなで円陣を組んで、気合を入れました。

 

春に全員で笑えるように、最後までがんばっぺし!

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。