最新のお知らせ

【高校生による大槌ガイド】 大槌臨学舎訪問ツアーを開催しました。

2015.7.17

2015年6月25日、26日の2日間、大槌臨学舎訪問ツアーを行いました。

今回のツアーは、日頃、なかなか直接活動を見ていただくことができない個人の寄付者の皆さんに大槌町に来ていただき、スタッフとの交流や校舎の見学、生徒たちから大槌町の紹介をするというものです。直前の告知にもかかわらず、遠方から4名の皆さんにご参加いただきました。

初日は校舎内をご案内したり、スタッフが大槌臨学舎の活動内容を紹介したり、懇親会をして、臨学舎への理解を深めていただきました。そして2日目は高校生たちが寄付者の皆さんに大槌町を好きになってもらいたい!と1ヶ月程前から準備をしていた大槌町ツアーを行いました。

まずはお互いに緊張しながら自己紹介。

IMG_8882

移動中も大槌について知ってもらおうと用意したクイズを披露!

「大槌町には、大槌島、小鎚島がある。○か×か?」
「大槌町の人口は何人でしょう?」

IMG_8902

大槌祭りの説明のために動画も準備する等、高校生たちなりに工夫しながらツアーを盛り上げます。

IMG_8926

今回訪れたスポットは全部で6つ。
それぞれに紹介したい場所を選び、調べたり人に聞いたりしながら、説明を考えました。

「ここは風の電話です。震災で亡くなった人と話せるようにと電話ボックスの中には、電話線がつながっていない電話が置いてあります。」

IMG_8911

「去年まで私たちが通っていた仮設の中学校です。不便なところも多い校舎でしたが、たくさんの思い出が詰まった場所です。」

IMG_8998

「あそこに見えるのは旧役場です。小学校だった校舎を役場として使っています。」

IMG_8948

* * *

予定を少しオーバーして終わったツアー後には、寄付者の皆さん、高校生、それぞれに思ったことを伝え合いました。

IMG_9015

■寄付者の方々
「ツアーを通して大槌町のことがよくわかって、大槌のことが好きになりました。チャンスがあったらまた来たいと思います。」

「震災直後は何をしたらいいのかわからず、結局何もできませんでした。遠くて躊躇していましたが、今回、思い切って来て本当によかったと思います。これからもなるべく長くサポートしていきたいと思います。」

■高校生
「ツアーをやる前は、大槌のいいところってどこ?と聞かれてもわからなかったけど、ツアーをやってみて、大槌ってすごいんだって思えました。震災は悪いこともたくさんあったけど、いいこともいっぱいあった。今回も、とてもいい機会でした。」

「学校では学べないことを学ぶことができました。」


ツアーの最後は、高校生一人ひとりの頼もしい宣言で締めくくりました。

「これからもツアーを続けて、もっと大槌のことを知ってもらいたい。」

「大学に入って建築士の資格をとって、大槌に家をたくさん建てたい。」

「町を離れてしまった人たちが帰ってきて暮らせる町にしたい。」

* * *

1泊2日という短いツアーでしたが、大槌町のこと、大槌臨学舎のことを知っていただき、また、高校生にとっても非常に学びのある時間になったと思います。

今回、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。またお会い出来る日を楽しみにしています!

IMG_9006

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。