最新のお知らせ

【被災地の教育現場 vol.3】 居場所

2015.5.14

避難所そばのコンクリートに寝そべって宿題をやっている子ども。
向学館初期のホームページで紹介されていた写真だ。

2011年7月、向学館が作られた一つの理由がその写真に明確に示されている。

【女川向学館開校前】勉強をする場所がなく、地面で勉強する子ども_R

段ボールで仕切られた避難所以外の空間と時間の提供である。

避難所が足りず、自衛隊のテントを借りて生活している家もたくさんあって、雨が降ったため教科書がふやけてしまった生徒もいた。

下校後の子どもの居場所がないという状況をうけ、学校では5月中旬から教室を夜間開放する「まなび夜」という取り組みを始めたが、あくまで応急措置という感じだった。宿直の教員が交代で担当していた。

IMG_0556

それに代わる感じで「向学館」はスタートした。
運営は、熟議を仕切っていた若者集団、NPOカタリバ。
主に首都圏で高校生のキャリア教育を展開しているとのこと。

下校後、どこにも行き場のなかった小中学生の居場所ができた。
宿題をやるのもよし、本を読むのもよし。
とにかく「いる所」だ。

ん、待てよ、「居場所」って何だ?

IMG_1944_R

「居場所」で思い出す光景がある。

八割の家が流されたあの夜、高台の総合運動場に続々と町民が避難してきた。
玄関前の焚き火の周りに人だかりができた。寒い夜だった。

「学校から燃やせるものはみんな持ってきて」ということで、新聞紙や段ボールはもちろん、未使用のコピー用紙も燃やした。
(そのせいで、新学期にコピー用紙がほとんどなかった。)

それからしばらく町内のあちこちで、人々が焚き火を囲む風景が見られるようになった。
どんなにスペースや設備が揃っていても、求めるものがなければ、人はそこに行かないだろう。
停電が続いたということもあるが、あの炎が提供していたのは、温度計で計れる暖かさだけではなかった気がする。

《つづく》


====================================
このブログ「被災地の教育現場」シリーズは、
元 女川中学校教員である佐藤敏郎先生が、教育現場を見てきた先生として、
コラボ・スクール女川向学館のメンバーとして、被災地の教育現場の現状を
つづる連載です。
学校現場の視点、保護者の視点、地域の視点でコラボスクールの価値と
可能性についてつぶやきます。

▼シリーズの全投稿を見る
http://www.collabo-school.net/news/category/kyouikugenba/
====================================

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。