最新のお知らせ

【映像】震災5年目のメッセージ。「東北を応援してくれている全ての方へ」高校生2名が町民200人のダンスリレー映像を作成

2015.5.15

女川向学館の2名の高校生が、地元に根づく『さんま de サンバ』という曲を使い、
町民200人のダンスリレーを映像に収めました。

  「震災から3日後、母と歩きながら帰った、変わり果てた町の風景は
  今でも覚えています。

  生まれ育った女川が、自分にとってどんな場所なのか、
  ずっと考え続けてきました。
  私たちは何をふるさとだと思い、今後生きていけばいいのか。

  たくさんの町の方にお話を聞きにいき、一つの答えにたどり着きました。」

2年半にわたる撮影の中で、彼女たち自身が多くの大人を巻き込み、完成させた映像です。ぜひご覧ください。







【活動紹介】
2014年8月パリで実施された『OECD東北スクール』のイベントに向けて、撮影してきました。
企画立案、町民へのアポイントメント取り、撮影時の雰囲気作りなど困難ばかりでしたが、無事に撮影をやり遂げ、多くの来場者に向けてパリで配信することができました。

IMG_5912_R

IMG_5943_R

【Special Thanks】
2年半の長期間、ボランタリーな撮影協力という形で、彼女たちの成長をサポートしてくれた方をご紹介させていただきます。この場を借りて、お礼を申し上げます。

映像作家 松本卓也さん(T601所属)
http://www.takuya.tokyo

写真展開催(5/18〜)
http://www.placem.com/schedule/2015/20150518/150518.html

IMG_6008_R

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。