最新のお知らせ

朝日新聞に福島コラボ・スクール「双葉みらいラボ」が掲載されました

2018.1.27

2018年1月27日付の朝日新聞広告欄に、認定NPO法人カタリバが運営する、被災地の放課後学校コラボ・スクール4校目となる福島の「双葉みらいラボ」が掲載されました。

「双葉みらいラボ」は、2017年6月から開校。

東日本大震災後に福島県広野町に新設された、県立ふたば未来学園の生徒を対象に、放課後の居場所と学ぶ場の提供をしています。

”親と子、先生と生徒のような縦の関係とは違い、スタッフは高校生たちと年齢が近く「ナナメの関係」にある。だからこそ、子どもたちの話に耳を傾け、内に秘めた悩み、夢への気づきを与えながら、そっと背中を押すことを心がけている。(記事より抜粋)”

>>記事全文はNPOカタリバのコーポレートサイトへ

>>コラボ・スクールについて詳しく知りたい方はこちらへ

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。