最新のお知らせ

『女川向学館で、小学生がプログラミング!?』

2014.12.02

向学館では、通常の授業以外に特別授業も行っています。
今回あった、特別授業の講師は、SCSK株式会社の社会貢献活動『CAMP』の方々です。

それでは特別授業の内容を、新人スタッフの井上が紹介させていただきたいと思います!

——————————-

小さなコンピューター「ピコクリケット」を使って、プログラムで動くおもちゃを作ってみよう!
まずは、モーターやセンサーを繋いでみよう。
圧縮済①IMG_0719
「このあと、どうなるんだろう(ドキドキ)」

今度はパソコンを使って、自分で動きを決めてみよう!
圧縮済②IMG_0725
「まずはどういう動きを入れてみようかな(ワクワク)」

「こんな動きはできるかな?」
圧縮済③IMG_0732
『CAMP』のスタッフさんから課題も出してもらいました。

課題をクリアした人は、飾りつけをして、、、
圧縮済④IMG_0854 -
「うわ!思ってた通りに動いた!!」

思い通りに動かした後、
最後にみんなで発表をして終わりました。
圧縮済⑤IMG_0825

——————————-

女川の小中学生が、将来『生き抜く力』を身に付けるため、
コラボ・スクールではこのような多様な価値観を持ってもらえるような活動も取り入れています。

これからも彼らの将来のために、様々な取り組みをしていきたいと思っております。

たくさんの支えがあって、女川の小中学生を支えることができていること、
たくさんの支えのおかげで、彼らの成長があることに感謝しながら、
今後もその成長を、しっかりと報告していきたいと思っております。

最後に、今回講師として力を貸して頂いた、
SCSK株式会社の社会貢献活動『CAMP』のワークショップレポートにも、
今回の活動を紹介していただいております。
是非、こちらも合わせてご覧ください。
http://www.camp-k.com/wsreport/897/

【説明会実施中!】教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町、東京都足立区、東京都杉並区。子ども、地域、自分ととことん向き合い成長したい方、募集しています。