最新のお知らせ

夏休み特別授業「女川の良さ」を伝えるCMづくり

2016.9.21

夏休み期間中のことになりますが、「女川の良さ」を伝えるCMづくりに挑戦する特別授業を行いました!

授業初日は東京の広告代理店の方にご協力いただき、CMを作る際のポイントを学んだり、女川町の良さについて自分たちで考えるワークを行いました。
▼様子
写真①
女川の良さを知るために、駅前で町の人へのインタビューも実施。
▼様子
写真②

はじめは町の人に声をかけることにも苦労しましたが、いつしか上手に話を引き出せるように。
▼様子
写真③

2日目の授業ではインタビューした内容をもとに、CM劇のストーリーを組み立てました。

劇の長さは15秒。他の地域にはない「女川の良さ」とは何か、みんなで伝えたいメッセージを話し合います。
▼様子
写真④
本番と同じセットで練習も行いました。
▼様子
写真⑤

そうして迎えた最終日。町の人たちも呼んで発表会の始まりです!

ぎりぎりまで小道具の準備をする生徒たち。
▼様子
写真⑥
それぞれの班が工夫を凝らした劇を発表することができました。
▼様子
写真⑦
▼様子
写真⑧

授業後にとったアンケートでは、
「自分の知らなかった女川町の良さを知ることが出来た」
「町の人へのインタビューは緊張したけれど楽しかった」
「班のメンバーと協力して劇を作れたのが良かった」
という感想が出てきました。

今回の授業を通じて、女川町の魅力やチームワークの大切さについて改めて考えるキッカケとなりました。

特別授業の様子は、下記のテレビ局において放映されます。
ご覧いただける地域にお住まいの方は、ぜひお見逃しなく!

【番組名】「みんなで未来をつくろうTV」

・宮城テレビ:9/25(日)16:25~16:55
・テレビ岩手:9/25(日)14:30~15:00
・福島中央テレビ:9/24(土)16:25~16:55

また、放送日と同じ日に下記新聞に番組広告も掲載されますので、こちらもご覧ください。

・河北新報
・岩手日報
・福島民報
・福島民友

余震の不安と不自由な環境の中、
支援を必要とする子どもたちがいます。
【説明会実施中!】地域の教育課題にとことん向き合う1年間 『実践型教育インターン』

熊本地震で甚大な被害を受けた益城町には、余震の不安と不自由な環境での生活のため十分に勉強できず、心に大きな負担を抱える子どもたちがいます。将来をあきらめることなく、未来を切り拓いていけるように。あなたのご支援をお待ちしています。

活動場所は、宮城県女川町・岩手県大槌町、福島県双葉郡、島根県雲南市、熊本県益城町。地方を舞台に自分自身を成長させたい方、募集しています。