最新のお知らせ

【高校生レポート】「Starry Night In 大槌」第一回を開催しました。

2013.5.14

皆様初めまして!my project member菊池祐希のサポーター、倉持直美です。

私達は、「Starry Night In 大槌」
というプロジェクト
を通じて、大槌の綺麗な夜空を観ながら、
自然や大槌町の良さを知っていただけるよう活動しています。

5月7日、愛知県からツアーで来てくださった20名の方々に参加して頂いて、
第一回「Starry Night In大槌」を開催することが出来ました。

img

当日は曇りだったため、来てくださった皆様と屋外で大槌の星空を一緒に観ることは出来ませんでしたが、
室内でStar walk for iPad というアプリケーションを使ってスクリーンに星座を写し、
季節の星座や神話、さらに大槌町の自然や食べ物などについて紹介しました。

img

大槌の星空を観ていただくことができず残念でしたが、季節の星座や大槌の良いところなどを伝えることや、
質問や会話などでコミュニケーションを取り合うことが出来て、とても良かったです。
初めての開催で不安や心配もありましたが、来てくださった方々が「ありがとう」という言葉をかけてくださったり、
話を積極的に聞いてくださって、不安は消え、楽しみながら話すことが出来ました。
アンケートや募金にも多くの方々が参加して下さりました。
参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
次回に向けて、役割分担や、話すスピードなどの反省点がでました。もっといいものにできるよう工夫をしていきます。

img

次回の詳しい日程などは、まだ決まっていませんが、是非多くの人たちに足を運んで頂きたいと思っています。
大槌の自然を見ながら大槌の良いところをたくさん知っていただき、
感じたことや見たことなどたくさんの方に伝えていってほしいのです。

東日本大震災から約2年が経ちました。未だに町は暗くなかなか復興は進んでいません。
大槌は被災地と呼ばれ、”大槌町”として見て頂ける機会は少なくなっています。
もともと大槌は空が綺麗で私達は星がとても好きでした。震災後は灯りが少なくなり大槌は町全体が暗くなってしまいましたが、
夜空は一層綺麗になりました。私達は、大槌の良さを多くの人に伝えることで大槌に元気を与えられると考えています。

img

「Starry Night In大槌」は毎月開催を目標に活動して行きますので、これからも宜しくお願い致します。

【ボランティア募集】震災から6年が経過した“今”だからこそ、あなたの力が必要です

被災地では、今もなお、多くの子どもたちが仮設住宅で暮らし、安心して勉強できる場所がありません。「子どもたちに笑顔を届けたい」「子どもたちが夢を描けるように応援したい」このような想いを持つ方からの応募をお待ちしています。